クラブハリエのバームクーヘン。子供から大人まで大人気のふわふわバウムクーヘン

7歳になる小学1年生の娘と、1歳の男の子、2児の育児中の30代後半の女性です。

友人の家に招かれた時に贈答用のお菓子として購入しました。

購入して持っていたのは「クラブハリエのバームクーヘン」です。

手土産にクラブハリエのバームクーヘンにした理由

もともと新宿小田急に店舗があります。

自分用のおやつとして購入していて大好きなお菓子だったので持っていきました。

他にも現在話題になっている

  • てんこもりになった生クリームをブリオッシュ生地ではさんだマリトッツォ

  • 季節のフルーツをふんだんに使用したビジュアルが美しいフルーツサンド

も迷いましたが、日持ちがするし、食べやすい点を考慮してバウムクーヘンを選びました。

バームクーヘンのラインナップ

クラブハリエのバウムクーヘンにはいくつか種類があります。

大きめサイズで食べるときにカットするタイプは、

  • 1,188円 (15.9×15.9×5.2cm)
  • 1,728円 (16.0×16.0×7.9cm)
  • 2,376円 (21.8×21.8×6.8cm)
  • 3,564円 (21.8×21.8×9.8cm)
  • 5,940円 (22.0×22.0×15.0cm)

と大きさも選べて便利です。

ミニサイズは

  • 【1個】465円
  • 【2個入】864円
  • 【3個入】1,275円
  • 【8個入】3,240円
  • 【12個入】4,806円
  • 【18個入】7,236円
  • 【27個入】10,854円

と集まる人数に合わせて個数を選べるのが魅力です。

今回は子供も多く、食べやすいミニサイズの8個入りを持っていきました。

特にミニバウムが個包装になっているので保存もしやすくおすすめです。

卵感がいっぱいで、シャリシャリの歯ごたえが美味しい

卵感いっぱいで程よい甘さの味わい。

さらに、ふわふわとした生地に周りは、しゃりしゃりと糖衣掛けしてあってります。

味と食感も楽しめ、大人から子供まで大人気のお菓子です。

他にも洋菓子は、日常的なおやつはもちろんのこと、誰かを招いた時や、クリスマスやハロウィンのイベント時などにも購入します。

|

出産内祝いに「アンリ・シャルパンティエのガトー・キュイ・アソート」かわいい焼き菓子の詰め合わせにキュンとなる焼き菓子

30代女性です。

出産の内祝いには、洋菓子を選びました。

購入したのは、アンリ・シャルパンティエのガトー・キュイ・アソートです。

カラフルでとてもかわいい「ガトー・キュイ・アソート」

プチサイズの焼き菓子の詰め合わせで、カラフルでとてもかわいいです。

詰め合わせの内容は、

  1. 王道のフィナンシェやマドレーヌ
  2. キャラメルと抹茶
  3. ピスターシュ
  4. フランボワーズ
  5. ミルクチョコ味の小さなカップケーキ

などになります。

緑や黄緑、赤、ピンク、黄色など見ていて、わくわくします。

クッキーも入っていて、お得感も感じられます。

かわいいので、箱を開けた時にキュンとなるのが最大の魅力です。

ガトー・キュイ・アソートは、デパートで

この洋菓子は、デパートで見つけました。

新店として入った時に、かわいさにひかれてすぐに購入しました。

他に検討した洋菓子はありません。

一番大好きな洋菓子なので、大切な人への贈り物には欠かせません。

内祝いに選んだのは、2000円のもの

内祝いに選んだ商品の値段は、2000円のものです。

お祝いに頂いた金額を考慮して決めました。

1個当たりの大きさが小さいです。

ですが、数は多いので4人家族でも十分に楽しめる量が入っています。

焼き菓子なので日持ちはしますが、贈る当日に買いに行きました。

贈った相手、開けた時のテンションが高かったです。

贈った相手はすごく喜んでくれました。

宝石箱のような洋菓子のセットなので、開けた時のテンションが高かったです。

女性は色々なものを少しずつ食べたいという人が多いので、一人で全部食べたいと言っていました。

不満だと思ったこと

美味しかったけど、不満だと思ったことは、値段の割に量が少ないことです。

もらった人が予想する値段は、購入した値段よりも低いのではと考えてしまう時があります。

私自身が満足していれば良いことなのですが、残念な気持ちになったら困ります。

見た目も意識して購入するときは金額を考えるようにしています。

洋菓子はいろいろな時に贈り物にします。

他に洋菓子を贈り物にしたいと思う時は、お礼を渡す時です。

子供にお下がりをたくさんもらった時や、お家に泊めてもらった時など、感謝の気持ちを表したい時です。

箱を開けた時に笑顔になってほしいので、気持ちも込めることができるからです。

|

モロゾフのプリン。小さな子供からお年寄りまで好まれ、お土産として魅力的

40代女性です。

私は、友達の家にお祝いを持って行く時に、お祝いとは別に手土産として購入しました。

購入したのは、モロゾフのプリンです。

定番の洋菓子です。

モロゾフのプリンは、何度も食べてきました。

子供のころから慣れ親しんだ洋菓子で、何度も食べてきました。

自宅用に購入するよりも、お土産でもらうことが多いです。

家族みんなが知っている洋菓子です。

デパ地下の洋菓子売り場で、他のお店の洋菓子を覗きます。

が、最終的に購入するのはいつも、モロゾフのプリンになります。

モロゾフのプリンは、1個200円

値段は1個200円です。

1個から購入が可能なです。

なので、遊びに行く家庭の家族の人数や、一緒に遊びに行く友人の数、プラスアルファを含めて切りの良い数を購入するようにしています。

1個当たりの量は、食べきりサイズです。

子供も1人で1個、食べきれる量です。

今回は、友達の家に遊びに行く手土産として

友達の家に遊びに行く日、当日に購入しました。

冬場でしたが、暖房のことも考えて、友達の家に一番近いお店で購入しました。

購入してから、10分ほどで友達に渡すことができました。

友達も家族も喜んでくれました。

みんなでおいしく頂きました。

家についてすぐにプリンを出してくれて、みんなでおいしく頂きました。

何回食べても飽きない味です。

友達は「久しぶりに食べた」と2個食べていました。

不満になる人と、うれしい人と意見が分かれますが、プリンを食べた後のガラスの容器の処理です。

かわいいので再利用する家庭も多く、人気があります。

しかし、処分する時は分別はガラスになります。

可燃ごみのように気軽に捨てることはできません。

また、ガラス容器を用いなければ、コストを下げることができると思います。

和菓子は好みが分かれますが、洋菓子を好まない人は少ない

洋菓子を買う時は、特別な人へプレゼントしたい時です。

和菓子は好みが分かれますが、洋菓子を好まない人は少ないからです。

子供がいる家庭へ贈る場合は、家族みんながおいしく食べられるものをと考えます。

なので、小さな子供からお年寄りまで好まれるプリンは、とても喜ばれる贈り物になります。

みんなが知っている有名なお店であることも重要だし、値段が手ごろなところも魅力です。

|